fbpx

ビットコインに出口戦略は必要か?

ビットコインの現在の強気の動きが以前の強気の動きとは異なるという観察に反対する人はほとんどいないでしょう。もちろん、ビットコインが強気と弱気のセンチメントに特徴づけられた循環的な動きをしていることは明らかだ。しかし、以前の暴騰を特徴づける不確実性とは対照的に、現在は採用段階にある。

ビットコインの出口戦略が必要なのか、それとも文字通り命がけで持ちこたえた方が良いのか、そして私たちの子供たちの命、そして私たちの子供たちの子供たちの命なのか。この記事では、この問題についていくつかの異なる視点から議論している。

MicroStrategyのCEO マイケル・セイラーに聞いてみると

MicroStrategyのCEOであるMichael Saylor氏は、会社の手元資金をビットコインに交換するという大胆な一歩を踏み出したが、その意図を明確にしている。

彼の見解では、ビットコインは長期的に保有されるべきものであり、決して売却されるべきではないと考えている。ビットコインよりも優れた技術が登場して、ブランド価値や時価総額でビットコインを上回るようにならない限り、再考する理由はあるかもしれないが、現状ではビットコインが優れた価値の貯蔵庫であると考えており、ビットコインの価格は時間の経過とともに上昇し続け、需要が増えて供給が減少すると予想している。

この視点は、劣った不換紙幣ベースのシステムから、本質的に分散化され、希少性と効率性に優れたプログラム可能な貨幣へと論理的に進化していくと考えるビットコインの最大化主義と最も一致している。

マイケル・セイラーの例に従えば、ポートフォリオを多様化することに変わりはないが、ビットコインを長期的な貯金口座とみなし、不換紙幣ではなくビットコインで富を築くこととなる。

デリスク 

もしあなたがビットコインには明るい未来があると信じているが、長期的な弱気相場の間はあまりストレスを感じないようにしたいと考えているのであれば、この強気相場の終盤に向けてある時点で、徐々にポジションから撤退して、利益と初期投資を安定したコインやビットコインとあまり強く相関していないいくつかのアルトコインに分配することで、ゆっくりとリスクを軽減することができる。

このブルランの「トップ」がどこにあるのかを知ることは非常に困難だが、段階的なリスク軽減は、正確な価格ポイントではなく、流動性のある地域に基づいて行われている。例えば、120,000ドルに多くの抵抗があり、反転に向かうかもしれないと考えている場合、その価格帯の周辺でビットコインの一部をゆっくりと売却し、さらなる上昇を楽しむために十分な量を保有し、市場が下降を開始することを決定した場合に備えて、あまり多くは保有しないようにすることができる。

しかし、「下降」はゼロに戻ることを意味するものではないことを認識しておくことが重要。ビットコインは理論的にはもちろんゼロになる可能性がある。 – テスラ、アップル、またはSP500のように – しかし、その可能性は信じられないほど低く、長期的にはまだその回復力を疑っている間にビットコインに投資することは、この投資にアプローチする最善の方法ではないかもしれない。ビットコインがまだ存在するかどうかを疑問に思いながら、毎日目を覚ますことが不必要にストレスになるからというだけの理由である。

ビットコインとゴールドを交互に

もう一つの選択肢として、価値を蓄えることに特に重点を置いて、資産クラスを分散させることを検討してみてはいかがでしょうか。リスクを軽減して、おそらくリスクの高いアルトコインや、休眠中の不換紙幣にお金を預けるのではなく、ゆっくりとビットコインを金に変換することも検討してみてはいかがでしょうか。

すでにクリプト市場に参入しているので、現物の金ではなく、PaxGold、AurusGold、TetherGoldなどのトークン化された金にBitcoinを変換することもできます。

ここでの前提として、時間が経つにつれてビットコインと金は多少負の相関関係を持つようになるかもしれない。

ゴーイングショート 

おそらく最も危険で、潜在的に有利なオプションは、ビットコインがトップに立ったと確信しているときに、ある時点でバイアスを切り替えることでしょう。

ビットコインの価格が下がると仮定して、あなたはビットコインを売却し、USDTに変換し、長期、低レバレッジ、ショートポジションを入力します。もしあなたが正しかったとしたら、6ヶ月間の下降が見られるとしたら、信じられないほどの利益を得るための準備をすることになる。

もちろん、これは信じられないほど危険です。チャンスは、ビットコインはそれほど下がらず、あなたの上に反転することはない。そうなると、損失を抱えたままポジションを決済するか、清算価格を上げるためにポジションに資金を追加するか、または清算のリスクを負うことになり、何も持たずにビットコイン価格の頂点に立つことになる。

今回は、元IMFのエコノミストであるマーク・ダウ氏が、ピーク間近のビットコイン先物のショートポジションを開設し、底を打つ直前の2018年12月18日に決済したことで有名な記事を読んでみてはいかがでしょうか。

オープンマインドを保つ

将来のことは誰にもわからないし、ビットコインをただのバブルだと思っている人たちに何と言えばいいのでしょうか?

現実には、それは重要ではありません。ビットコインの投資家としては、公の場でビットコインがどのように議論されているのか、マクロ経済の状況がどのようなものなのかに注意を払う必要があり、チャートから目を離さないようにする必要がある。

今後数年間は、金利は存在しないか、無視できるほどのものです。刺激策は主要な不換通貨を希釈化しています。大手の機関や企業はビットコインに買い入れており、彼らは長期的にそうしているよう。

長い間このスペースにいたリテールトレーダーは、このブルランがどのように展開されるかについて確信を持っており、そのようなものとして、出口の準備をしているのかもしれない。

しかし、もし彼らがまた「冬」が来ることを期待して退場し、代わりに気候変動によってそのような季節性が廃止されたとしたらどうなるでしょうか?ビットコインが意味のある方法で再び下降することがないとしたら?

そうなると、問題は次のようになります:あなたの参入戦略は何でしょう?

Tags

Choose a language